<< 今年もやります!ホンダ春のスクーターズフェア! | main |
フュージョン、駆動系交換の巻。
JUGEMテーマ:車/バイク

長らくブログを放置していました...。すんまへん.......。

コメントももらってたのに.......すんまへん。

語尾の感じがウザいとのご意見、多数いただきましたので普通にします。ヨロピク。

.........これもウザい!?

フュージョン。

今回はフュージョンの入庫です。前回もボディーカウルの総取っかえさせてもらったお客さんのです。

ちなみに上の写真はウェブから引用です。

走行距離が30.000kmぐらいやったかな.........駆動系のO/Hです。

ウイングみのる-ホンダ二輪正規取扱店 公式ホームページも見てne。ウイングみのる-ホンダ二輪正規取扱店
駆動系のウェイトローラー、クラッチetc は車体の左側、後輪のあたりにあります。

左写真の水矢印のボルトと、橙矢印のエアクリーナーケースにつながるバンドを外します。

クランクケースカバー。

カバーを取ったら、右の図。ここまではある程度一般の方でもできます。

ほんで、矢印のナットを外すのですが、水色がクランクシャフト、橙色がドリブン側。

両方ともフリーに回ってしまうので普通の工具ぢゃできまへん........

シャフトを回らんようにマイナスドライバーetc を突っ込んで固定したらできんこともない....。

普通はインパクトドライバーを使って外すヨ。

ほいで、下のがクラッチ本体です。外す時には矢印のでっかいナットと真ん中のネジ部に

マジックetc で印を入れておきます。

クラッチ。

これは組み付ける際にナットの締めつけ具合を確認できるようにです。

締め付けすぎると正常に作動しない場合も......。

超強力なスプリングが入っているので周りを足で踏みながら外すヨ。

ナットを外すとこんな感じ。

クラッチナット外し後。

橙矢印の3ヵ所が、灰矢印のクリップでとまっています。

外すと右。クラッチシュー君の登場!!

ちなみにスクータの駆動原理を簡単に説明すると、

クランクシャフトの回転がベルトでクラッチに伝わり、

クラッチの回転が遅いと、右の写真のバネの力でクラッチは閉じたままになりRタイヤに伝わりません。

回転が速くなると、遠心力によりクラッチシューがバネの力に勝って開きアウターをクラッチ!!

Rタイヤが回るといった仕組みです............わからんか.....。まぁ、ええや..。

クラッチシュー。

クラッチシュー新旧比較........手前のが新品。やっぱかなり減ってるネ。

長くなってきたんで、ハショります。

あとはベルトとウェイトローラー。

ベルト、ウェイトローラー。

ウェイトローラーもちょこっと減ってます。左新品。

ベルトは目視では確認できないけれども7年も経つと替えておくのが安心でしょう。手前新品。

クラッチ替えてもベルト切れてたら意味ないしネ........。

あとは組み付けてしまいッッッ!!
ウイングみのる-ホンダ二輪正規取扱店 公式ホームページも見てne。ウイングみのる-ホンダ二輪正規取扱店
カテゴリ:整備 | 13:39 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
ご無沙汰しております。お元気ですか?ブログはお休み中なのですね・・・
バナーを貼り付けていただいたせいか、アクセス数があがっています!ありがとうございます。
お手すきの時にでもあさやんブログ見てくださいね♪
ピーアール内容があれば、ブログでアップしますので、メールくださいね。暑い日が続きますのでお体大切になさってくださいね!
| あさやん | 2013/06/15 1:55 PM |
店主の対応が非常に悪いので、
2度とご利用させて頂きません。

非常に不愉快でした。

ありがとうございます。
| 名無し | 2016/11/23 10:49 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.wing-minoru.com/trackback/1554568
トラックバック